二人ともすでに六十歳

女性に限らない。もし、男性側が「家内は:::」などと話し始めて、ぐちのようなことを言い出したら、女性側は閤ってしまうであろう。慣れてくれば、話題選びも上手になってくるであろうが、日本の中年以上は、男性も女性も、まだ異性とのつき合いに慣れていない。つき合いというのは、ちょっとしたきっかけで知り合い、終わりになるときもある。それが人間関係の面白さなのである。高齢になって友人が必要になったからといってすぐできるものではない。機会をみつけて、少しずつ恋活 アプリ おすすめ を使って自然につき合う経験を抑制んでいくようにしたいものである。だから、学生時代の友人や、若い頃、中年の頃、それぞれの機会に知り合った友人は、大切にしておかなくてはいけないと思う。大切にするということは、ベタベタとつき合うということではない。誰に対しても誠実につき合うこと。そして、つまらないことで怒ったり相手を傷つけたり無視したりしないで、いつもいい別れ方をしておくことではないだろうか。異性の友達を持つことは、夫婦が互いに愛しあい噂敬しあって、長い人生を歩いていく上にとても大切なことだと思う。『ともだち』のドラマにも出てきたように、いい男友達を持てるとしたら、人生は更に楽しいものになるだろう。夫のにんじん、妻のにんじん一人の楽しみ、夫婦の楽しみ近所に住む呑取さんど夫妻は、二人ともすでに六十歳を越え、ご主人の方は、二、三年前に定年になられた。二人して車であちこち出かけられる姿を時々見かける。「奥さまも運転なさるの」と悶くと「私は高速道路専門よ」と、笑って答える。二人で、時々二、三泊の旅にも出られるようだが、道で行き会うときは、だいたい一人ずつである。あるとき、私たち主婦が中心の読書会に、呑取さんの夫が入ってこられた。「本当は妻も出席したがっているのですが、何かいろいろとお稽古ごとをしたりしているので、とりあえず僕が参加させてもらいます」ということだった。読書会の中で、子育てがすでに終わった父親としての目でいろいろ面白い話をして下さった。そして、読書会のメγバで聞いたクスマスパーティーには、夫の方は、ゆで卵の周りにハンパグをつけた丸い形のスコッチエッグを、衰の方はお煮しめを作って仲よく参加して下さった。そのとき、自然に若いメγパ1の人たちが、その魅力的なご夫婦を囲んで、いろいろな話を聞き始めた。ニ人のお子さんは、それぞれ結婚し、どちらも海外で暮らしておられることも分かった。